読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐりころぐ -大黒柱の嫁ぐりこの日記-

旦那と犬を養っている一家の大黒柱でフリーランス。IT、iPhone、グルメ、旅、温泉、便利なグッズなどについて紹介します。

意外な隠し味でコクが抜群♪ 簡単激うま「チーズがとろりトマト鍋」

f:id:guricolo:20170201134749j:image

 

仕事をしているとゆっくりご飯を作る時間もない。でも外食ばかりだと体に悪いし、お金もかかる。やはり自炊を増やして節制&節約したいところ。

そして自炊だけど美味しいものを食べたい!

 

というワガママな願いを叶えてくれる激うまトマト鍋レシピです!

 

 

トマト鍋は以前から作ってはいたものの、なかなか味がビシっと決まらず、何か物足りない感じがしていました。

 

しかし、ようやく理想のレシピが完成(*´∀`*)

ポイントは意外な隠し味♪

 

「チーズがとろりトマト鍋」

 f:id:guricolo:20170201201855j:image

 

【材料】

水…500ml以上

昆布…1枚

☆コンソメ…水の量に合わせて

☆ホールトマト缶…1缶

☆酒…大さじ2

☆みりん…大さじ1

☆砂糖…大さじ1

☆ローリエ…1枚(なくても無問題)

☆塩胡椒…適量

☆お好きな肉と野菜…好きなだけ

とろけるチーズ…好きなだけ

粗挽き胡椒…好きなだけ

 

隠し味はこいつらだ!

★ウスターソース…大さじ2

★オイスターソース…大さじ1

★ケチャップ…大さじ1

★オリーブオイル…大さじ1

 

【作り方】

1.鍋に水と昆布を入れ、火にかける。

2.沸騰したら昆布を取り出し、☆を全部入れて弱火で20分以上煮込む。

3.★を入れて更に煮込み、とろけるチーズと粗挽き胡椒をかけて完成。

 

 たったこれだけの簡単レシピなのですが、隠し味の★たちがとても良い働きをしてくれ、コクが出てまろやかになります。

とくに、中華の調味料「オイスターソース」は欠かせません♪

私はトマト嫌いですが、このスープは水筒に入れて持ち歩きたいくらい。

コクと旨みが半端ないです。

タバスコと粉チーズをかけても合います。

 

ちなみにとろけるチーズと粗挽き胡椒投入前。

f:id:guricolo:20170201202023j:image

 

チーズ入りの方がダントツ美味しそうですよね。

なくても美味しいけど、やはりチーズはほしいところ。

 

隠し味以外のポイントは、とにかく煮込むこと。

 

私が「今日は本格的に煮込みたいぞ」というときに使っている鍋はストウブのピコ ココットラウンド。

やはり煮込み料理と言えばこれですよね。

友達がストウブについて語った名言があります。

「ストウブで料理をすれば、私ってなんて料理がうまいんだと思えるよね」

そうなのです。ストウブで煮込むだけで料理が格段に美味しくなるのです。

最近、ストウブでご飯を炊くのも流行っているそうなので、今度試してみようと思ってます。

 でも、ストウブのデメリットのひとつとして「重い」というのがあります。なかなかの重さ。

やはり普段使いには軽いティファールを使ってしまいます。

ティファールのソースパン20cmです。

 このサイズはパスタをゆでるのにもぴったりだし、煮込み料理でも多すぎず少なすぎずの量を作れて、すごく使いやすいのです。我が家の活躍鍋NO.1です。

 

先ほどのトマト鍋はどちらでも作って美味しいです!

そして、鍋と言えば〆ですが、上記の鍋は両方とも〆を入れてもぴったりなサイズ感。

 

私のおすすめの〆はパスタを入れて「トマトスープパスタ」や、「トマトリゾット」。そして、牛乳を入れてトマトクリームにしても!

 

そういえば。トマト鍋に合うのはやはり「ワイン」!

 

安くて美味しいワインもこちらからどうぞ。

 

 

とにかくウマいトマト鍋ぜひご賞味ください♪